竿について

私の場合、15年くらい前からインターライン(中通し竿)のみを使用しています。チヌは1号、グレは1.5号、どっちもというときは1.2号になるわけですが、とりあえず1.5号が1本あれば間違いないと思います。
竿は予備を含めて6本程ありますが、新品で買ったものは1本しかありません。ヤフオクやタックルベリーで良さそうな中古を見つけてはコツコツ揃えました。
竿の値段は、ノーブランド~メーカー品までピンきりです。ただやはり名の通ったメーカー品は間違いないと思います。
新品のノーブランドかメーカーの中古か悩んだら、私なら迷わずメーカーの中古(程度や状態は重要ですが・・・)を選びます。やはり開発費の違いでしょうか、メーカーのものは軽さやバランスによく配慮されています。

次に外ガイドかインターラインで悩むところですが、仕掛けの飛びや繊細な糸だしなら外ガイドに分があります。一時インターラインが流行し名人と呼ばれる方も使用していた時期がありましたが、現在は外ガイド派が主流のようです。インターラインの利点は雨風の日でも竿を振りやすい点と道糸がロッドに絡みにくい点にありますが、竿内に水が入るため若干仕掛けの飛びに難を感じるケースに遭遇します。

そんなインターラインのみ私が愛用するのは、とにかく竿を良く振り回すからです・・・
隣が1投する間に、こっちは2投を合言葉にブンブン竿を振ってます。コマセも同時打ちをよくやります。そんなわけで穂先とかにかまってられません。

結論として、今日は釣りだー、オリャー、ブンブンという方にお勧めなインターラインロッドでした。


リールについて

リールもメーカーのものをすべて中古で揃えています。この釣りの特徴でもありますが、リールにブレーキがついています。シマノの場合、レバーを下にさげると解除されフリーの状態になります。レバーを上ににぎるとブレーキがかかり糸だしを調整できます。
ちなみに、糸をだすのは、魚を泳がせるためではなく、のされそうになった竿を立てタメを作るためです。なので青物がかかりどうしようない時以外は、素早く糸を出し竿の体勢を整え、竿のタメで魚の突っ込みに耐える動作が基本になると思います。更に余談ですが、竿のタメは上にたてる動作以外にも竿先を横や下に向ける場合があります。これは、魚が突っ込む方向に合わせて行いますが、基本魚が進む方向に合わせて行います。出来る限り魚と綱引き(魚が進む方向と逆のタメ)をしないようにすると魚を寄せるのが楽になります。


杓について

竿系、ライン系、餌系の各メーカーから様々なものがでています。コマセを撒くために使用しますが、この釣りの中でとても重要な道具なので、しっかりと吟味して選ぶ必要があるかもしれません。オキアミと配合餌を混ぜたものをコマセといいますが、これは単に寄せ餌としての役割を担うものではありません。
時には餌取りとなる魚を切り離したり、潮を読みハリについた餌とコマセを同調させハリ付のエサをカモフラージュさせるなど大切な役割をもっています。
というわけで、狙った場所に正確に打てる打ちやすい杓を見つけることは、そのまま釣果にも結びつきます。



ウキについて

ウキについては、お好みで・・・ということになるかと思います。形状によって潮受けがよかったり、アタリがとりやすかったりと色々な特徴をもってます。共通して言えることは、ウキの中にはオモリが仕込んであり全体の自重によって飛びが異なることです。
例えば、同じ形状でも0号のウキとBのウキとでは重さが僅かに異なります。同じ形状の場合、浮力が強いウキほど仕込むオモリが少なくなりますので、自重が軽くなります。なので、0号とBのウキではBのほうが僅かに軽くなるわけですが、BのウキはBのガン玉を打つことを前提に作られますので、ざっくりと考えると仕掛け全体で見れば大差ないということになります。余談ですが、以前桐材と真鍮パイプを材料に旋盤を使ってウキ作りにはまっていた時期があります。オモリの仕込み量はオモリ部分を旋盤で削ることで調整するのですが、当然名人ではない私は狙った浮力になりません。通常は感覚で調整し塗装の重さを含めるため完成した時点で浮力の選別を行うのが正しいのでしょうが、材料費の都合上沢山作るわけにもいかず、結果として削りと防水塗装が終わった段階で、ウキの下に小さな穴を何箇所かあけ、そこに糸オモリを仕込んで浮力を合わせてから、塗装に挑む方法で作りました(インターネットで紹介されていた作り方です)。メーカーのウキは浮力が正確ですが、一体どうやって作っているのか工場見学に行きたい気分です。



ハリスと道糸、ハリについて

ハリについては、チヌ針、グレ針などから選択することになると思います。個人的にチヌ針は1号、2号、グレ針は3~5号あればよいと思っています。ハリスはフロロカーボンの0.8号~1.5号までを揃えています。
私の場合、喰いが悪いときは、まずハリからサイズを落としています。ハリスについては最後の手段としてサイズを落としていきますが、ハリスのサイズを下げて釣果に繋がるかどうかは、未だに分かっていません。
ハリの場合は、魚の口に入るものですから、違和感があれば吐き出すでしょうしその点で、サイズを下げることは有効な気がしますが、ハリスが細いから喰うかどうかは、そこまで見えてるのかな~という気がします。
ただ、ルアー的な効果で考えると細いハリスのほうが多分しなやかにハリについたオキアミが動くと思いますから、その点の効果を期待してサイズを下げる場合があります。

道糸はナイロンの1.5号を巻いています。フロート、サスペンドなど種類がありますが、基本的には、凪で無風の場合は海水に浮くフロート、波や風が強い場合は海水に沈むサスペンドといった感じの使い分けです。ちなみにこの釣りの場合ナイロン道糸が主流なのかは、ショックの吸収性にあります。

伸びの少ないカーボンハリスでウキへのアタリを明確にし、掛かった魚の急激な突っ込みをしのぐため、伸びの特性があるナイロン道糸でテンションを吸収するといった感じです。





小物パーツについて

半誘導で釣るときや全誘導時に仕掛けがどこまで入ったか目印にするためウキ止糸が必要です。おすすめはウキ止ウーリー等、魚がウキを沈めたとき、ウキの穴から糸が抜けていくタイプです。ただ水中ウキを使用した重い仕掛けの場合、ウキ止の役割を果たしませんので、シモリ玉をウキとウーリーの間に入れます。シモリ玉には切れ込みが入れてあり後付できるタイプがありますので、あとから仕掛けを手直しする場合こちらのほうが便利です。

あと、ウキの場所を固定するフカセからまん棒を重要です。この釣りの場合、道糸とハリスを直結するため、からまん棒でウキの位置を固定する必要があります。また、このからまん棒には、潮受けをよくして仕掛けの馴染みや張り等をよくしたり、その動きだけでアタリをとるなど様々な役割があります。



装備について

思いつくところをざっと上げますと・・・・・

ライフジャケット
スパイクブーツ
帽子
偏向グラス
竿ケース
磯バック
バッカン
付けエサ(ツケエ)入れ
水汲みバケツ
コマセブレンサー
魚バサミ
絞めナイフ
杓立て
ラインカッター
ガン玉ハズシ
ハリハズシ
クーラーボックス
各種ケース

となりますが、一気に揃えるのはしんどいです。なので、ライフジャケットとブーツ、バッカンと水汲みバケツからスタートです。ライフジャケットはノーブランドでも新しいものがよいと思います。中古品は浮力がなくなっている心配もありますからぜひ新しいものを・・・ちなみにフカセ釣り用ライフジャケットにはかなりの収納力があります。各ポケットにハリスやハリ、ウキなどを入れておけば、キビキビ釣りが出来ます。磯ブーツは金属ピンのスパイク製やフェルト製、金属ピンとフェルトが一体になったものなどありますが、船に乗らない場合であれば、金属ピンのものが手頃です。(金属ピンのものは船上ですべります。島に出る場合はフェルトがお勧めです)バッカンはコマセを作るために必要ですので外せませんが、ノーブランドでしたら手頃なものがあります。水汲みバケツも同様にメーカーにこだわらなければ安く買うことができます。
その他、コマセをまぜるためのコマセブレンダー、仕掛け作りに必要なラインカッター等々については100均で代用品を揃えることができます。例えばコマセブレンダー→スコップ、ラインカッター→糸きりハサミ、クーラーボックス→発泡スチロール製のものなど、安く初めて、コツコツ揃えながら長く続ける気持ちではじめると一生の趣味になると思います。




運営者のご紹介

加賀田和広
意外と同姓同名の方が結構おられてたまに聞かれますが、ア○ゾンでハブラシを買ったりしてません(泣)、あと学があるほうでもないので、学位とかももってません。鳥取の釣り好きの加賀田になります。

がまんつりのご紹介

おさいふに優しい釣りをもっとうにしています。フカセ釣りですが車で簡単に行ける波止を中心に活動しています。地磯も磯も行きますが、思いたったら直ぐに行ける波止での釣りも魅力的ですよ。

目標は・・

もっと手軽に肩の力を抜いてフカセ釣りを一緒に楽しめる仲間がインターネットを通じて増えたらいいなと思っています。1釣行の予算1500円以下で磯よりも成果を上げることを目標に頑張っています。

そもそもフカセ釣りって?

正しくはウキフカセ釣りですが、だいたい略されることが多いようです。道糸に円錐ウキを通してハリスを長めにとった仕掛けが定番で、コマセ(いわゆる寄せ餌ですね)を杓で撒きながらチヌやグレを釣る釣り方です。いわゆる磯釣りと呼ばれる釣り方になりますので、我万釣も昔は鼻息を強くして渡船に乗り込み島を目指しましたが、シケで島にでられないある日、車を横付けできる近くの漁港で40センチ超えのチヌを爆釣しました。これでいいね・・、これでいいよね・・・ってことになり、近くの小さな漁港で真剣に釣りをすることになったわけです。